Follow

「サウスパーク」プーさん絞殺シーンなど含む中国批判エピソードを公開 検閲により中国のネットから消滅
nlab.itmedia.co.jp/nl/articles
>「サウスパーク」は中国側だけでなく、ディズニーやNBAにも全方位で喧嘩を売った形。なお、作中に登場するディズニー社のキャラクターはプーさんだけでなく、「I LOVE 習近平」Tシャツを着用し大麻をキメるミッキーをはじめ、バズ・ライトイヤー、アイアンマン、ストーム・トルーパーなど、同社を代表するキャラクターらが中国マネーをねらう者として終始ネタにされ続けていました。

ほう……。🤔
まあこれが の平常運転ですか。

Sign in to participate in the conversation
カオスフィア

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!